ママまで嘔吐下痢 生後276d

は金曜の午後から少しずつミルクを飲み始め、
足りなくて物凄く泣きますが、嘔吐は止まりました
下痢は昨日の朝まで続きましたが、大分治まった様です

励ましのコメントやバナーへのクリックありがとうございました



実は、タイトルで分かる通り、
姫のウイルス性胃腸炎が私に感染しちゃいました

金曜の夕方にこの1つ前の記事を書き終えた頃、
何だかモヤッと気分が悪くなってきました。

その後、姫の授乳中から少しお腹が痛くなってきました。
たまにある現象なので、あまり気にしてませんでした。
その後、トイレとリビングを数回行き来する事になって、
耐えられなくなってきました
下痢が酷く、水状で止まりませんでした。

そんな時に限って姫は、つたい歩きでこけまくり。
歩行器に入れて、側でグッタリ横たわってダンナにメール。
もう夕方なので少し早退して来てくれました。


「緊急病院に行こう」と言ってくれましたが、
下痢が治まるまで行く事ができず、トイレで少し嘔吐もしました。

座る事もできず無理な状態で布団で休んでいたら、
急に吐き気がして大量に嘔吐しました。
ダンナがバケツを用意してくれて布団はセーフ。

吐くと少し楽になりましたが、波がある様で、
もう1度吐いてから病院へ行く事にしました。
ダンナが姫を連れて車を出している間に更に嘔吐。
姫の看病で昼間も殆ど食べてなかったので、もう出る物もない筈なのに・・・。

市内の緊急病院へ行くと、本日は小児科のみと貼り紙が・・・
仕方なく隣の市の緊急病院へ。
とても辛かったので、この道のりはとても長く感じました。

やっと着いて意識もうろうとしている中、診察をしてもらいましたが、
「点滴はココではできないので、明日近所でして下さい」と。
フラフラしながら診察室を出ると急にまた吐き気が。
トイレまで間に合わず、あらかじめ手に持っていたビニール袋に嘔吐。

さすがに重症だと思ったらしく、点滴のできる病院を探して頂きました。
あと注射もして頂きました。

さらに隣の市の緊急病院へ。
ここでも少し嘔吐。
点滴は2時間はかかるのでダンナは一旦帰り、姫にミルクを飲ませてくれました。
迎えに来てくれた時は、姫は抱っこ紐で寝てました


点滴を終え、帰宅したのは深夜1時。
家を出たのは19時半頃だった気がしますので、長かったです。
嘔吐6回、下痢は15~20回位。
今年は軽い方が多いらしく、重症な方らしいです。

胸がパンパンに張っていたので搾乳してから布団へ。
でも、全身が筋肉痛で眠れなかったです。
点滴中も痛くて眠れなかったんです
何で筋肉痛?
ずっと姫を抱っこしてスクワットしたからなのか?
熱も出たからなのか?


この続きは、次の記事で書きます。
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

お大事に・・・

大丈夫ですか?お辛いですね。
その後気になり心配しておりました。

ご主人がすぐに帰宅してくれて良かったですね。
嘔吐と下痢で脱水症状になりやすいので、
ちほさんも水分摂って横になって休んでくださいね。

筋肉痛は発熱から来る節々の痛みかもしれませんね。
姫ちゃんもちほさんも、早くよくなるよう祈っています。
お大事になさってください。

気になってちょくちょく来てたら、大変でしたね。辛いですね。旦那さん早く帰宅できて良かったです。
月並みなことしか言えないですけど、お姫様のためにも早く良くなってくださいね。

ペコさんへ

ご心配ありがとうございますm(__)m

お陰さまで、2人とも大分回復してます。
姫のウンチがまだ少しゆるいのですが、回数の減ったので減ったので様子見。
私は精神的にやられて疲れが残ってますが、症状は落ち着いてます。

やっぱり発熱からくる節々の痛みと筋肉痛とダブルできちゃって、
布団で横になるのすら辛くてできなかったんですね。

ずっと空腹のせいでお昼寝できなかった姫が、
布団に置いただけで寝ちゃいましたので、私もやっとのんびり過ごしてます。

ラッキー母ちゃんさんへ

気にして頂いて申し訳ないですm(__)m

金曜日は早く帰ってきてくれて良かったのですが、
土曜の夜はフラフラの私を振り切って、バイトに行っちゃいましたよ。
週1だから休めないのも分かるんだけど・・・。

2人とも大分元気になりましたよ。
薬が効いてるだけなのかもしれませんが・・・。
元気になっても泣いてばかりの姫に手を焼いてます(^_^;)
甘えん坊に拍車がかかっちゃいました。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)