注射針が付いてなかった(`´メ)

産科に健診に行った翌日の水曜日、
そろそろ新しい注射器を使用する時期が近づいたので、
注射針の太さはどの位かな?って確認してみました。

ヘパリンの針がない
封がしてあるけど、中に液が入ってるタイプです。
針の部分が短いな~ってキャップを開けてみました。(右参照)
えっ?注射針が付いてない!!

何じゃこれは!
消毒綿や注射パッド(絆創膏みたいなヤツ)が付いてなかった時点で、
「これだけですか?付属品はないんですか?」と聞きました。
ないと言われた上に、注射器の使い方の説明も分かりずらかったです。
あの薬剤師は、この注射器を見た事もなく、
想像で説明しただけで、注射針が付いてない事すら知らなかったんです

怒る気持ちを抑えつつ、病院に電話しました。
事情を説明し、確認してもらったら、付け忘れで消毒綿も付くみたいです。
「今すぐこれますか?」と言われましたが、
後10分で受付終了らしく、軽い怒りが復活してきました。
でも、もう3本しか残ってないので、
「明日、取りに伺います」と渋々伝えました。


と、いう事で、
昨日、注射針を取りに再び、病院へ行ってきました。
気温は35~6℃位はあり、体温も37.2℃以上、体感はもっと暑いと感じる中、
クラクラ、フラフラしながら辿り着きました。
天井がグルグルして座っているのも辛く、
横になっちゃおうかと思ってたら、呼ばれ、
何日分必要かと確認されました。
「2週間分、14日分です。」と答えるのが精一杯でした。

それから10分位したら、終わったらしく
「これを受付に出して下さい。」と。
不安がよぎり、
「個数を確認させて下さい。」と言いました。
そしたら何と
×14

って書いてありました

「1日2回で14日分で、28個必要なんですけど。」更に付け足して
「ついでに、この針よりもっと細いのがあれば変更して頂けませんか?」
と、プチ怒りついでにお願いもしてみました。

そしたら、×28に変更され、消毒綿も×28でした。
注射針は26G(0.45×13mm)→27G(0.40×13mm)に変えて頂けました。
数字が大きくなる程、細くなるのです。
注射針の違い
どこかのサイトで、27G~29G位を使ってるって書き込みが多く、
自分が太い針を使ってるのを最近知りました。
黄体ホルモンの筋肉注射もしていた為、26Gの針がかなり細いと思ってました。
でも、最近痛いのです
もっと細いのを期待しましたが、ちょっとでも細くなって満足です


今回も危うく、1週間分しかもらえず、
また1週間後に足を運ぶハメになりそうでした
毎回、厳しくチェックしてから帰らないとダメですね
次回の診察時間が早かった件も、遠慮してたのがバカらしくなり、
26日の11:00の予約に変更してきました。
朝のラッシュは避けます。


そして、今日から新しい注射器での注射始まりました。
ヘパリン注射器
ちょっと画像が荒いですが、注射針セット済みです。

で、ちょっと多めに入ってるので、少し出して必要量のメモリに合わせました。
外出先でする事もあるし、面倒なので、数セット作ってみました。
針が細くなったせいか、痛みは全くなし
昨日の夜、注射後3時間もしてからシャワーを浴びたのに、
シャワー後、流血が止まらず、
白いTシャツを血染めにして泣きそうになったばかりです。
こんな事がないと良いなぁ。

カプロシンからヘパリンに変わりましたが、効果は同じらしいです。
出産まで長いけど、可愛いベビちゃんの為に打ち続けます
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)