カプロシン自己注射

私は今、12
カプロシン(ヘパリン)の自己注射をしています


黄体ホルモンの自己注射も11回もしくは2日に1回してます
こっちは、前の移植からやっていて、
長めの針で太ももにブスリッと筋肉注射で痛いです

で、カプロシンの方は下腹辺りをつまんでの皮下注射で、
針も細く、短く、あまり痛みも少なく、
黄体ホルモンの注射より簡単でした

と、思って初日の夜、2回目を打とうとしてビックリ!!
青あざになってました

病院で練習した時は、
血が止まるまで軽く押さえれば良い!という話でした。
が、そんな程度じゃダメなんですね
今では、しっかり長めに押さえてます。

けど、お腹の中心に近い程、
脂肪が多いせいか青あざになってる?気がします。
あと、外出前の時間が少ない時にやると
押さえが甘いのかあざになる確立高しです。

そして、あざもすぐには消えないし、
段々打てる場所が少なくなってきました。
硬くなってる所もあるし、痒い気もします。
ちょっとビクビクしながら打ってます

私の通うクリニックでは黄体ホルモンの注射同様
注射器に既に液がセットされていて、あとは消毒して打つだけになってます。
カプロシン単体
画像が良くありませんが、こんな感じで液が入ってます。

1週間分がセットで、15本と予備の針先2本と消毒綿なんかも入ってます。
カプロシンセット
どっさり袋に入って貰うので、100均で購入した入れ物に入れてます。
使用済みもまとめて1週間分病院にもって行くので、
こちらも使用済み入れ用袋に入れて、まとめて籠に入れてます。

他の病院だと注射器から自分で入れるみたいなので大変そうです。
注射の練習の為の入院とかもある様ですね。
私の通う所は、医師の指導で初めの1本を自分で打つ練習をして終わりで持ち帰りです。

値段も1週間¥8,000-切る位だったかなぁ。
他の薬とかと一緒に貰って、明細がないのでハッキリは不明です。
一瞬意外と安いとか思ってしまってのですが、
月に換算すると¥30,000-位もしますね。
不妊治療に通ってると採卵、移植など
信じられない金額になったりするので感覚がおかしいです

問題は、このカプロシンをいつまで打つのかです。
それによって金銭、肉体、精神の負担が違いますね。
今は頑張って打つしかないです
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)