移植してきました

昨日の夕方、凍結胚盤胞を移植してきました。
D19でした。


まだ一時保育がお休みだった為、
ダンナが休みを取り、車で送り迎えをしてもらいました。

クリニックに着くと、まずは採血

そこから1時間半位待たされ、診察室へ。
3つセットで凍結してありましたが、全て無事に融解
幾つ戻すのか?
残った胚は再凍結するのか?

という2つの質問をされました。

今までは有無を言わさず、年齢的に2つ戻しでしたので、
今回もそうだと思っていました。
既に子供がいるので、幾つ戻すのか選ばせてくれたのかな?

急に聞かれてもどうしよう?状態
しかし、既に融解され済み、次の人も待っている・・・。
迷ってる時間もなかったので、その場で、
2つ戻し、残りは再凍結をお願いしました。


移植まで30分位。
念の為、ダンナに電話で相談してみました。
「2個で良いんじゃない?残り再凍結するのかぁ。」
と戻す個数より、再凍結にあまり納得してない感じでした。
そこは、私も譲れませんよ。
何とか了承してもらいました。


移植は久しぶりで少し緊張しました
痛みはクスコを入れられた時にあり、あとは少しだけ
感染防止剤、黄体ホルモン、子宮収縮剤
この3本の注射の方が痛かったです。

足の方を高くして移植するのですが、
そのまま仰向けで15分、
担架でベッドに移動してうつ伏せで1時間で終了。

飲み薬、膣座薬、黄体ホルモンの自己注射を受け取り、
会計、13万円越えてました・・・
移植と融解と薬代などでは10万円位、残りは再凍結代です。
何とかギリギリ足りました。


判定日まで診察が2回、採血が2回、後は判定日で1回の通院。
診察は待ち時間が長いので、姫を連れていけません。
明日は、一時保育が空いてましたので、預けて通院します

もう1回と判定日は土曜日で、いつもの保育園の一時保育は休み。
しかも、激混みなので5時間待ちコースが予想され、
座る席すらないので、絶対に姫連れては無理でしょうね。
3週続けてダンナに土曜日も休んでもらいます。
完全に土曜休みではなく、本来は隔週なので大丈夫なのかな?

採血と注射だけの日は、
1時間で終わるらしいので、姫連れて行きます
一時保育に預けても良いのですが、
短時間だとギャン泣きで、帰宅拒否すると思いますのでね


体温が上がり過ぎて暑かったのと、
緊張でアドレナリンが出っぱなしだったのとで、
夜9時には布団に入っても、朝5時近くまで寝れませんでした。
2時間も寝てないです。

なので、今日はゴロゴロ安静にしていたいのですが、
おてんば姫が許してはくれませんね。
抱っこをせがんだり、膝の上に乗ったり、お腹蹴ったり
昨日は大好きなパパと数時間のお留守番だったのですが、
ずっとママと呼んでたらしいし、帰って来たらベッタリでしたね。
いつもはママに寄り付かないのに何かを察知したのか?

やっとお昼寝してくれました
姫の横でゴロゴロしながらスマホで書いてます。
熟睡体勢になったので、この隙に黄体ホルモンの自己注射します。
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

No title

移植お疲れ様でした♪
一回で成功するに越したことはありませんが
ダブルチャンスに出来て良かったですねv-398
にしてもやっぱり諭吉殿が飛んでいきますね~v-393

姫ちゃん、勘の良い子だから何か感じてそうですね・・・v-394

移植お疲れ様でした。
3つ全てがうまく融解できて良かったですね!

ところで、うつ伏せで一時間って…長いですね。
腰痛持ちの私には 耐えられない試練です。

さて!
後に続くぞー!

ポポママさんへ

トリプルチャンスも考えた位です。
でも、金銭的な事、年齢的な事、姫を預けての通院の事
などを考えて、ダブルチャンスまでと決めました。

諭吉飛びまくりです。
今日もカプロシン自己注射と合わせて2万円近くかかりました。

姫は「だっこ、だっこぉ!」で、座っていても膝の上に乗ったり、
横になるとお腹に乗ってきます(^-^;
安静は無理で、自転車に乗らない位しかできてません。
仕方ないですね。

うそっきーさんへ

前回、1つはダメになったから、今回はどうかな?
ってあまり期待してませんが、3つとも無事でした。

私も普段コルセットしてる程の腰痛持ちなので、
うつ伏せ1時間は辛かったです。
しかも、ベッドが空いてなくて簡易ベッドだったので、
余計に辛かったです。
でも、そのまま手術台の上でうつ伏せの時もあったので、
まだましかな?

移植は来週位ですか?
良い状態で移植できると良いですね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)