注射針が指に!

昨日クリニックに行ってきました
と、言っても黄体ホルモンの注射をしてもらい、
黄体ホルモンの自己注射を持ち帰るだけだったんですけどね。

注射をしてもらう時に、看護師さんに
「妊娠は初めて?」とか雑談程度の話をして嬉しくなっちゃいました。
前回は、初めから血中HCG値が低くてダメかも?と宣告されてましたので、
注射に通っても看護師さんからは
「安静にして下さい」としか言ってもらえなかったです。
今回は大丈夫なのかも?と期待しちゃいます



そう!
昨日、クリニックに行く直前に1回目のカプロシン自己注射をしたのですが、
注射器の針のキャップを取ろうとしたら、ちょっと硬かったのです。
硬い事は良くあるので、気にせず、思い切り引張ったら
人差し指にブスリッと刺さっちゃったのです。
痛いし、ヤバイと思いながら、慌てて針を抜くと流血です
2ヶ所から血が出てましたので串刺しだった?
しかも血が止まらない

でも、早くカプロシン注射して、出掛けないと
予約した時間に間に合わなくなる!!と焦りましたが
深呼吸して
絆創膏をキツめにグルグルと人差し指に巻き、針先を消毒綿で拭こうとしました。
それでいいのか
おおっ予備の針先があるじゃないか
こういう時に使うのかぁ
早速、針先を交換して下腹に注射しました。
で、注射した所と指と一緒に押さえて、止血です。

お陰で、バスを1本乗り遅れ、予約時間にちょっと遅れちゃいました
注射だけだから遅れてもあまり関係ないのですけどね。

キャップ外す時に気を付けてとは言われてた気がしましたが、
黄体ホルモンの注射の時は問題なかったので忘れてました。
カプロシンの注射は針の長さがかなり短いので、
外した時の勢いで指に刺さる人もいるらしかったのです。
昨日の夜と今日の午前中の注射はドキドキしながらキャップを外しましたよ

更に注射が苦痛になっちゃいました
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)