姫ひとりで、じぃじの家でお泊まり!

まだ入院の私ですが、お盆の時期になりました。

昨年秋にダンナの祖母が亡くなりましたので、
ダンナの田舎では新盆なのです。
お坊さんにお経をあげて頂いたり、
親戚や近所の方がお線香をあげに来てくれたりするそうです。

その準備でお義母さんはお盆前に帰らなければならず、
日曜に帰りました。
ばぁばと二人きりでじぃじの家までロングドライブですと、
が泣いてしまうのでは?と、
ダンナの運転で三人で行ったそうです。


実は、お義母さんだけが帰る時、来る時は、
お義母さんをお義父さんが送ってくれました。
その時にお義父さんを見て、姫が毎回泣いたそうです
じぃじだと教えても、
「じぃじ嫌!」
あんなに大好きだったじぃじなのに泣くなんて、
精神不安定ですね。

なので、じぃじ見て泣くかな?という心配も少しありましたが、
向こうに着いてからは泣く事もなく、
じぃじの後を付いて回り、二人でお留守もしてたそうです

着いた日、パパとダンボールハウスを作ってご機嫌な姫。
じぃじの家でダンボールハウス
「2歳じゃなくて、ピースだよ。」


日曜のお昼前に着き、夜姫が寝てからダンナは帰宅し、
月曜、火曜は仕事に行き、
火曜の夜に田舎に行ったそうです。

月曜の朝から火曜の夜までは、パパがいない状態でしたが、
泣く事もなく、とても良い子でばぁばのお手伝いもし、
21:00には寝れたそうです

ダンナは新盆の行事に参加で、帰宅は金曜辺りの予定でしたが、
姫の面倒を見る人がいないので帰って良い事になり、
水曜、つまり昨日には帰宅しました


日曜までダンナはお盆休みなので、
姫と二人きりラブラブdaysを過ごしてもらいます。

一日三食用意するのが憂鬱らしいです。
何もできないと言われ続けていた私でも、
姫と二人きりで三食を食べさせてましたよ。
しかも、イヤイヤされながら
それに洗濯、掃除、入浴、お着替え、歯磨き、
オムツ替え&トイレに誘導、寝かし付けなどもありますよ。

大変だろうし、申し訳ないとは思いますし、
もちろん有り難いと思いますが、
イヤイヤな二歳児を抱えての家事と育児を経験し、
私も普段頑張っていた事を少しは分かって欲しいです。
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

旦那さまはきっとこの数日を経験することにより
ちほさんの頑張りを認めてくれることになるでしょう。

それにしても、お盆休みはちほさん
一人ぼっちでこっちで過ごすことにならず、よかったですね
お見舞い 楽しみですね!

うそっきーさんへ

頑張りを認めてくれるかな?何て少しだけ期待しましたが、
そんな感じではありません。

姫が風邪を引いてしまい、病院に連れて行ってくれたので、
俺頑張ってる感の方が強いです。

食事も外食かできてる物を買うのが多いので、
三食作る経験もしてないですから、
私の頑張りは分からない?
認めたくないのか?
認めても言いたくないのか?
どれですかね?

お見舞いに来てくれて、
「ママのお見舞いに行きたいな~って思ったから。」
と、可愛い事を言ってくれたのに、
ダンナが、
「嘘。ママのお見舞い行こうって誘ったら、行かないって言ったのに
 女の子って怖い。」と。
そうなんだろうけど、私が喜んでるんだから言わなくても良いのにね。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)