入院生活1ヶ月、車椅子とさようなら

交通事故に遭ったのが7/17。
1ヶ月経ちましたが、まだ入院してます
昔、子宮頸がんで入院した時は4週間でしたので、
今回はその時より長くなりました。


リハビリで歩行練習を始めて、
杖をついて何とか歩ける様にはなりました。
と、言っても長い距離は無理ですし、
痛み止めのロキソニンが効いていない時は、
脛と膝と足首が痛いのです
朝晩は危ないので車椅子でトイレに行ってました。
あと、シャワーも。


歩行の自主トレも頑張り、歩ける距離も伸びましたので、
リハビリ中に階段や外歩きの練習もしてます
外と言っても、出入り口の外なだけで、門の中、
病院の敷地内ですけどね。

リハビリ室までは、看護助手さんかボランティアさんに
車椅子を押してもらっての送り迎えがありました。
ふらつきもなく、ひとりでも大丈夫だとOKが出て、
リハビリ室までひとりで杖をついて行ける様になりました


すると、その日はレントゲン撮影の日でしたので、
看護師さんが来て、
「ひとりで歩いてレントゲン室まで行けますよね?」と。
距離的にリハビリ室までと変わらないので行けました。

そして、車椅子も足りないとの事で撤去されました
予定より少し早い車椅子の撤去でしたが、
杖で少し歩けるので頑張るしかないです


まずは、夜寝る時に杖をついて歩いてトイレに行きました。
夜は大丈夫でした。

寝起きは、ロキソニンもまだ飲んでませんし、
左足の膝と足首はガチガチに固くてあまり動かず、
杖で歩いてトイレに行くのは危険で怖いです。
しかし、そうも言ってられませんので、
早めに起きて、少しずつ動かしてストレッチして、
朝も何とか杖をついて歩いてトイレに行ける様になりました

シャワーが一番危険なのですが、
直前に使用してなければ床は乾いているので、杖をついて行けました。
終わった後は床が濡れていて危ないので、
看護師さんを呼んで脱衣所までの移動をサポートして頂きました。
この点がクリアできれば完璧なんですけどね。

針金を抜いた所の出血も止まり、手の指のガーゼも取れました。
なので、左手も洗える様になりました。
でも、小指は怖いので撫でる程度です。
もちろん、まだ動きません。


こんな感じで、手はまだまだですが退院の日も近いのでは?
と勝手に期待してます。
針金を抜いた時以来、先生が来てませんので、
これからのお話がなく、まだ未定なんですけどね
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

No title

読んでるだけで体がムズムズ痛みますが
快方に向かっているのは嬉しいです♪

シャワーの時は傷口は完全防水なのかな?
なんか不自由さを思うとまだまだ日常生活には
程遠いのですねv-393

でも不自由はあってもやっぱり家が一番!
早く退院日が決まりますようにv-421

ポポママさんへ

毎日少しずつ出来る事が増えるのは嬉しいです。
ですが、姫のお世話はまだまだ難しいかな?何て、凹んだりします。

出血止まったら傷口は、シャワーの時も防水なしです。
怖いですけどね。

膝の手術の切り傷が、歩いたり座ったりするとこすれて痛いです。
ショートパンツ履けば良いのかもしれませんね。
傷だらけで恥ずかしいですけど(^o^;)

今週末までに退院したかったのですが、無理かなぁ。
でも、退院にむけてのリハビリも始まりました。
リハビリでベッドではなく、
布団の様な平らな所からも起き上がる練習しました。
何せうちは布団ですから、退院のハードル上がってます。

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)