交通事故1年後のCT検査の結果

昨年の7月に交通事故で
腓骨、脛骨、関節内果骨(くるぶし)を骨折し、
ボルトとプレートが入ったままの私の左足
まだ常に痛みがあり、普通の人よりゆっくりしか歩けません
長い距離や長い時間歩くと痛みが強くなり、足を引きずります。
もちろん、走るなんて無理。

約1年1ヶ月経ちましたので、
ボルトとプレートを抜く抜釘手術をする予定でした。

CT検査、まだ脛骨の内側の骨が薄く写り、
完全には脛骨は出来てませんでした
抜釘手術すると、再骨折の可能性大

抜釘手術は延期になりました。

すぐには状態は変わらないだろうと、
次の診察は半年後の2月。
それからまたCT検査をして抜けるか検討します。


昨年の夏休みも私がずっと入院していたので、
を遊びに連れて行ってあげられませんでした。
今年の夏休みも抜釘手術の為、2週間以上の入院を覚悟してました。
入院するまでは昨年の分まで楽しませてあげよう!と、
予定を詰め込んで連日遊びに連れて行ってました。

姫は私と離される不安からか、私にベッタリ。
特に8月に入ってからは私の姿が見えないと泣きまくりでした。

手術延期になり、夏休み中もずっと一緒と知ると、
大喜びで抱きついてきました。
「ママ大好き。ずっと一緒だねと。


残り少ない夏休み。
来週も可愛い姫と2人で遊びに行くぞ!
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)