作品展の後の園庭遊び

の通う幼稚園では、秋に園児達の作品展があり、
図画工作の創作活動に力を入れている感じです。

月に1~2回位、絵画の先生による絵画指導の日があります。
それ以外もよく絵の具の日があり、
急な時はメールで汚れても良い服装でと連絡がありました。
2学期からは週に1回以上は絵の具の日があり、
10月末には毎日絵の具の週もありました。
上履きも洋服も絵の具だらけで洗うのが大変
でも、楽しそうに何をやったか報告してくれて、
どんな作品が出来上がってるのか楽しみにしてました


そして、いよいよ作品展当日。
プレクラスでも参加しましたので2回目の作品展。

前夜パパに激しく叱られた姫は、
「ママと2人で行きたい!」と言い出しました。
私と2人で行って幼稚園で他のパパさんを見ると必ず、
「私のパパは何で一緒じゃないの?」と半泣きになりますので、
「パパも作品見たいって。3人で行こうよ!
後からパパも来て欲しかったって悲しくなるよ。」

などと説得し、ダンナも一緒に3人で行きました


開始時刻は混雑するだろうし、
姫が早く起きられないのもあり、10:00頃出発。
さほど混雑はしてませんでしたが、
親子で各教室を順番に見て回るスタイルに姫は緊張。
カチコチでなかなか教室へ入れず、挨拶の声も小さかったです
入園前は初めての場所程ドンドン入っていくタイプでしたが、
最近なかなか入れない時が増えた気がします。
周りの状況を見られるようになった証?成長なのかな?

春の作品から順に見ましたが、
初めは色も少なかったり、余白があったりしました。
2作目以降は豪快に紙いっぱいに書いたり、貼ったり、
色数も増えていってました。
色紙をハサミで切って貼ってある作品は、はみ出していて、
「本当はもっとたくさん切って貼りきれない程だったんですよ。」
と担任の先生に教えて頂きました。

七夕の短冊も飾ってあり、
男の子は仮面ライダーやニンニンジャー、
女の子はプリンセスやプリキュアになれますように
と書かれた短冊が多かったです。
姫は「フローラになれますように」と書いてありました。
年少 作品展
やっぱりキュアフローラね。

全ての教室を回り、体育館で工作。
殆どダンナが作り、完成させていまいそうでしたので、
姫にはボンドで貼る所をやってもらいました。
ダンナが作り方を間違い、イビツな仕上がり
私が作っても大差ないから文句も言えません。


これで終了で帰りなのですが、
晴れて温かい日でしたので帰る筈もなさそう。
靴に履き替えていると、年中さんの女の子が来て、
「一緒に遊ぼうよ!」と、手を繋いで走って行きました。
同じバスの年中さんで最近一緒に遊んでもらっている様子。

その子の後を追いかけてキャーキャー
同じクラスのお友達を発見し、一緒に遊んだり、
また年中のお姉ちゃんと遊んだり、ひとりで他の遊具で遊んだり。
とても自由な姫、きっといつもそうなのでしょう。
最終的にはクラスの男の子達と遊んでました。

いつもなら最後まで帰らない姫ですが、パパが一緒でしたので、
「いい加減帰るぞ!」の声で渋々自転車の後ろに乗りました。
しかし、テンション上がって帰りたくない姫。
「食べて帰る!」と言うので、某ファストフード店へ。
ここでも同じクラスのお友達がいてテンションアップ


帰宅後もテンション上がったままの姫は、
「公園へ行きたいの!!」と言い出し、パパに断固拒否され号泣
あまりにもしつこかったので、ダンナが折れて車で大きな公園へ。
フラフラになるまで遊び
「あそこのチョコパン買いに行く!!」
と帰りに寄らせて帰宅。
朝食用パンの筈が勝手に食べちゃいました
ワガママ放題は電池切れ間近の印。
泣いて暴れる姫をお風呂に入れてもらい、18:30には寝ちゃいました

0:00近くまで眠れない姫がこんなに早く寝たのは初めてで、
いつ起きるかヒヤヒヤ
結局8:30頃まで起きず、14時間も寝てました。
イベントの次の日はオネショする時がありますが、オネショもせず


年少の作品展は、作品を見に来たのか、
園庭で遊びに来たのか分からない状況になってしまいました。
「もう来年は行かない!」と言い出したダンナ。
イベントや何処かへ行った後には、毎回もう行かない発言。
姫が成長して「パパと一緒に行く」とグズらなくなれば、
来なくても大丈夫なので好きにして下さい。
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)