出産レポ4 帝王切開後~翌日歩行

23:00過ぎに部屋に戻った訳ですが、
手術室に向かう直前に担当医から
「夜遅いけど、
 今日を手術当日にして明日を1日目にした方が、
 辛いけどスケジュール的に良いかなぁ。」

と言われました。


えっ
明日から歩かされたり、ダンナも部屋に入れなくなっちゃうの?
そんなの嫌だし、無理

「明日を当日扱いにして下さい」とお願いしようとしたら、
ダンナが「それでお願いします」って言っちゃいました
すぐに訂正したかったのですが、
陣痛の痛みもまだあり、言えずに移動開始しちゃいました。
本来の気の弱さが原因だろうけど・・・

ダンナが帰る前に「明日面会は何時からOKですか?」と聞いたら、
「面会時間は午後3:00~です」と言われたそうです。
聞かないで、来ちゃえば入れてもらえそうなのにな・・・。

今日を当日扱いにしないで、明日を当日扱いにしてもらえば良かったのに!
と文句を言いたくても言えず


そんな時に、ベビちゃん登場
ちゃんとしたご対面です
陣痛促進剤を1日頑張り、陣痛は来ても子宮口は開かず、
緊急帝王切開になったのですが、
ベビちゃんは出ようと頑張ったみたいで、頭の形が少し歪んでました
ダメなママでゴメンよ
帝王切開だったので、夢見ていたカンガルーケアもなしでした。
でも、やっとご対面でき、
30分位添い寝させてもらえる事になりました

そんな私とベビちゃんの写真を撮ったダンナが帰宅して、すぐ当日は終わり
でも、ダンナが帰ってから30分位ラブラブタイムを過ごしていたので、
当日扱いとかどうでも良くなってました。
この後、後悔する事になるとは・・・。


ベビちゃんが新生児室に帰って、
朝まで30分置き位に看護師(助産師)さんが来てくれました。
段々、麻酔が切れてきて、痛みがやってきました
それと喉の渇きと、ものすごい暑さを感じました。
たまに痛み止めを点滴に入れてくれ、アイスノンで冷やしてくれ、
たまにうがいをさせてくれました

けど、それに追いつかない程の暑さと喉の渇きがありました。
熱が出るんですね
もちろん痛みも出てきました。
でも、痛みは我慢しないといけない物だと思って、ひたすら我慢。
看護師さんが来た時に勇気を出して、
「うがいさせてもらっても良いですか?」と遠慮気味に頼みました。
アイスノンも!
痛み止めもどうしてもって時だけお願いしました。

そしてあまり寝れず、朝を迎えました



この日は予定帝王切開の人が2人もいるらしく、
部屋を何処にするか揉めてました。
看護師さんが私の元へやって来て、
「隣の荷物って・・・?」と。
カーテンを開けてもらうと、やはり私の荷物がありました。
「そうです。私のです」と答えました。
「じゃあ、そっちの荷物をココに運びますね」と言われ、運んでくれました。
テレビカードもダンナが入れちゃってたみたいで、
残りが入ってるのでテレビ台ごと運んでくれました。
が、移動した事で揉めてるみたいで、
別の看護師さんが来て、
「やっぱり奥の元いた部屋になりますので、
 歩行訓練後、歩いて移動して下さいね」
と。
激痛なのに歩けるのか・・・
その後、最初の人は9:00ちょい過ぎには終ったらしく、
私はまだ歩ける訳もなく、
結局、奥のベッドを出して、私をベッドごと奥の部屋にスライドさせました。

歩いて移動でなければ、どっちのベッドでもOKなんですけどね。
この部屋は他の部屋よりかなり広いですから。
その上、奥の元いた場所は1番広い窓側
この場所に戻ってくれとは想像してませんでした
この部屋は基本、帝王切開の人の部屋だったのですね。


そして、移動後に精神的地獄がやってきました。
お隣さんは、旦那さんと両親、義両親、兄弟?などがいたみたいで
大人数で賑やか
手術後も、楽しそうでした。
その横で、急に痛みが増し、苦しむ私。
ナースコールを押しても来てもらえず・・・
もう1人も手術を終え、旦那さんが付きっきりでした。

1人苦しむ私。
携帯も荷物から取れず、これは本来いけない物なので、
看護師さんに取ってとは頼めないですしね。
メールできたら、ダンナに早く来て!!って言いたかったんです。
暑がりな私はうちわも用意してましたが取れず、
涙が出てもぬぐうタオルすらなく・・・。
私ってひとりぼっちなんだって悲しくなりました
でも、新生児室でベビちゃんも頑張ってるかな?
気持ちを奮い立たせました。

何時間経ったか不明ですが、それぞれの家族が一旦帰ったみたいでした。
それからナースコールの嵐
看護師さんが来る時間以外も、色々頼んでました。
そう!それが正しいです。
気が弱い私は来た時に頼もうと我慢し、呼んでも来なかった時は諦め我慢。
我慢せずに、頼めば良かったと後悔。
何度も頼んで良いのですね


10:00頃に担当医が来て診察
その後、水だけ飲んで可になりました
お昼前に起こされ、体を拭いてもらい、着替えをさせてもらいました。
お昼からお粥食ですが出ました
水と食事の件は、翌日扱いにしたので早くOKになって良かったです
14:00頃、歩行練習の為に痛み止めの座薬を入れてもらいました。

15:00頃歩行訓練開始
「何処まで歩いてみたいですか?」と聞かれ、
「新生児室まで行きたいです」と。
そして、腰が曲がり、フラフラしながら部屋を出ると、
新生児室の前にはダンナと義両親の姿がありました。
とたんに元気なフリをしてまっすぐに!
看護師さんも「大丈夫そうですね」と、
新生児室の前まで付き添ったらいなくなりました。

やっとベビちゃんを新生児室から出してあげられました
部屋に連れて行って、しばし撮影タイム
そう!本来は部屋には帝王切開の当日しか入れないのですが、
皆面会時には部屋に入れてました。
部屋も広いですし、小声で話せば黙認って感じでした

そして、ダンナと義両親はすぐ帰り
ここからベビちゃんと私の育児大奮闘が始まりました。



以上で、長々と4まで書いた出産レポは終わりです。

本来、出産レポ3の帝王切開後の部屋に戻った所で終わりでしたが、
翌日の辛さをどうしても記録に残したくて書きました。
緊急だと、
あらかじめ手術後にどうして欲しいかダンナに頼んでないので、
失敗しちゃいました

翌日午前の帝王切開の方と半日しか変わらないのに強行スケジュールでした。
寝てない、陣痛でグッタリ、緊急帝王切開、半日で歩行訓練など、
普通の人より無理なスケジュール過ぎでした。
それなのに、
「同じ日の帝王切開の方の中で1番元気そう!」と言われました。
無理してたんですよ
他人に弱みを見せられない損な性格・・・「大丈夫です」ってすぐ言っちゃいます
アラフォーママで体力はないんですけどね・・・
スポンサーサイト






ポチっとして頂けると励みになります。
にほんブログ村 子育てブログ 2011年4月~12年3月生まれの子へ にほんブログ村 子育てブログ 不妊から出産、育児へ



Comments

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)